RSS | ATOM | SEARCH
再びだるま寺に

先日は老人会の旅行で鈴鹿市の通称達磨寺と言われているお寺に行きました。

同じようにだるまのお寺と言われているお寺が滋賀県彦根市にあると教えてもらいました。

彦根市で開催されている写真展を見に行く予定をしていたので良い機会だと思って行ってきました。

以前から龍潭寺というおてらの名前はパンフレットなどで良く聞いていたのですがこのお寺がだるま寺ともいわれていることは知りませんでした。佐和山城跡のすそ野に佐和山を背にして建っています。この一帯はよく整備されていて駐車場も完備されて佐和山ハイキングコースにもなっていて佐和山城跡まで登ることができるようです。今回は急な夕立に出会ってちょうどお寺を拝見するころに雨が上がったのですが山からの水が流れていて登ることは見合わせてしまいましたが、モミジがたくさん植えられていて秋の紅葉の頃にはきっと・・

見事な景色に出会えるだろうと想像を膨らませて楽しみに待つことにしました。

旧彦根藩主井伊家菩提寺ということです。井伊家と深いつながりを持つ臨済宗のお寺だそうです。

方丈・方丈庭園を拝観してきました。方丈の襖絵は創建時のそのままが今に形を留めていて拝観することができます。

俳人であり画人であった「森川許六」の作品で56枚の襖絵に山水・人物・花鳥・獣などの絵が描かれています。

丁度雷雨が上がったので雨戸をあけてくださったので「ふだらくのにわ」といわれる一面に白砂を敷き詰め大小48個の石で観音様の国・・補陀落山を表した庭と書院から望む「鶴亀蓬莱庭園」を拝見させてもらいました。

お堂には大きなだるまさんが飾られていたのですが、毎年恒例の4月1日2日に参拝者の方々が奉納する三千個余りのだるまが本堂いっぱいに並び開運を祈願されるのだそうです。写真によると真っ赤な胴体と目がまん丸いだるまさんが本堂いっぱいに並んでいる様は何とも圧巻です。来年の四月まで待つことにします。

門の入り口のアジサイがこの季節に良い雰囲気を醸しています。

一歩門を入ると苔が雨のしずくを含んでしっとりとしていて美しい・・感動します。

石畳の参道を行くとお堂が木立の中に見え隠れします。

ふだらくのにわ・・正面と左側・右側を見たところです。正面の一番大きく立っているのが観音様の立ち姿を表しているのだそうです。

蓬莱庭園で小堀遠州の作だそうです。佐和山の峰を借景に作られているのです。

方丈から書院まで一回りして玄関のそばに和尚さんが書かれたもでしょうか、

これを見つけました。「五つのこころ」心にとどめておきたいものですね。

 

 

 

author:Y ukiakari shopのご案内, category:-, 15:25
comments(0), -, -
行事が一つ終わりました

今年度は地区の老人会の役員が回ってきて会議やら行事の参加やら・・度々出向くことがあります。

今月の一番の行事が親睦旅行です。先日何とか遂行することができました。役員の皆さんはやれやれと思っておられることでしょう。

私も一つが無事に終わったとホットしています。とは言っても私はただ参加しているだけだったので、気楽な身分だったのですが。

今回は日帰りバス旅行で三重県鈴鹿市の通称「だるま寺」と呼ばれているお寺に行き和尚さんから説法を聞きその後湯の山温泉のホテルで昼食・アクアイグニス」で買い物に寄って帰宅という手軽なものです。あくまでも親睦を深めることが主な目的なのです。

バスの中も皆さん思い思いの事を楽しくおしゃべりされていて日日の憂さが晴れたことだろうと思います。

だるま寺は正式には金剛山江西寺というそうです。古い歴史を持ち武家寺として大名・武将などの信奉が厚かったといわれています。

本堂や諸堂には数多くの無類の仏様が祀られています。特に達磨大師は秘仏としてお祭りされていること、祈祷だるまを授けておられることから一般的にだるま寺と言われているようです。信者さんたちが片目の祈祷だるまを授かり願いがかなったら目の入っていない方の(右)お寺に納めに来られるということで本堂には沢山の目が入っただるまが納められていました。

お寺の境内の入り口には鶏小屋がありました。捨てに来た鶏を飼っているようです。餌をお願いするというようなことが書いた張り紙がありました。

 

 

この後湯の山温泉が今で行きホテルでの昼食でした。かなりの山を登って行きます。今の季節は木々が茂って山はこんもりと夏の様そうです。

蒸し暑さも手伝って軽い疲労感を覚えて帰ってきました。

author:Y ukiakari shopのご案内, category:-, 12:02
comments(0), -, -
こんなところ見つけました

このところ何故か奥永源寺方面に何度となく足を運んでいます。

永源寺ダムの周りの道路も整備されて今までのように細く曲がりくねった部分がなくなってきて(一部分まだ以前のままですが)

走りやすくなってきたこともストレスが緩和されていきやすくなったことかもしれません。また、季節的にも緑が美しくて癒されることもあります。今度の写真撮影会に奥永源寺の愛知川上流にかかるつり橋に行ってみようということで下見に行ってみました。

バイパス421号線からの入り口がなかなか見つからなくて行ったり来たり、細い林道で大きな水たまりがあったりして困難を極まりましたが、やっとのことで見つかりました。

林の中の石段を川の方に降りていきます。降りたら帰りは上らなくてはと思いながらも(当然のことですが)橋が見えてくるとやったーという気持ちになって一目散に橋まで行きました。

上流だからでしょうか。水は澄んで青くゴロゴロの石が白くて、この様な景色が滋賀にもあるのかと感動。

ここでどんな写真が撮れるのか楽しみです。ただ心配はお天気です。この季節だから気がかりなのですが…

こんな坂道をどんどん下っていきます。かえりは息を切らせながら登ってきました。

二本の橋が架かっていて4人くらいの人が一度に渡れるようです。

晴れて条件が良いように願っています。

author:Y ukiakari shopのご案内, category:-, 21:22
comments(0), -, -
撮影会が終わって

先日は大きな地震に見舞われました。私のところは震度4でした。

これくらいになると古い建物に住んでいるので揺れが大きいのかと思いますが、朝の身支度中でしたが最初は建具がガタガタと言って

そのうちにギシギシと音が立って自分も揺れていると感じて地震の大きさにドッキリ。

その後は関東の方々から電話で安否確認をいただき、何とかやり過ごしたことをお伝えしてホットしているところ、大阪北部のあたりでは大きな被害や、犠牲になられた方の報道があり一日中気持ちがざわざわしていました。

その前の日(日曜日)にいなべ市まで撮影会に行ってきました。梅雨の時期でお天気が危ぶまれましたが、この日は見事に晴れて

今の時期にしてはさわやかな陽気となって、皆さん楽しんでいただけたように思います。

電車の時刻とにらめっこしながらスタンバイ、いろんなところからカメラを構えて撮影されていました。

私は一応モデルの役目をしていました。モデルといっても雑誌に載るような綺麗なモデルではなく駅で電車を待つおばあちゃんっていう感じの役目です。これもまた役に立つのですから、・・・

 

西藤原駅で撮影・・黄色い三脚鉄道の電車が通過する様子を撮影に夢中になっていました。

 

東藤原駅のすぐそばのセメント工場・・ここではセメントを運び出す貨車が連結される様子が見られました。

こちらの黄色い電車は幅が狭い可愛らしい2両編成の電車。この電車は眼鏡橋の上を走ります。

思い思いの場所で電車が一瞬にして通り過ぎるのを待ってシャターを切っていました。

皆さん少しの疲労感と楽しさを持ってお帰りになりました。

author:Y ukiakari shopのご案内, category:-, 21:16
comments(0), -, -
三重県いなべ市まで

先日はいなべ市まで撮影会の下見に行ってきました。

滋賀県と鈴鹿山脈で県境をなしていてここを山越えすれば距離的にはそんなに遠くではないのですが、滋賀県・三重県と県名が変わると途端に遠くに感じるようです。それに聞きなれない地名が続くと今は地図上でどこら辺りかしらと不安になってしまいます。

ナビの通りに行っているのですが・・・

ここは三岐線が町中を2本走っていてそれぞれの駅舎が個性的なんですね。

一本の電車は線路の幅が狭くて・・必然的に電車の幅も狭くなっているようで走っている様子もかわいい感じ。

この電車が3つも目を持つ眼鏡橋の上を走ります。またすぐそばにもう一つの橋・・ねじれ橋と呼ばれている橋の上もはしります。

こんな様子を撮影ポイントにしてみたいと思っています。

ここまでは、参加の方々は各自でおいでくださるようにナビが入りやすいように住所など調べてお知らせ、お昼の食堂を探したり

楽しいものではあるのですが、知らない土地なので要領が得なくって右往左往していますが、撮影会を実行してみます。

終点の西藤原駅・ひなびた感じの西野尻駅・カフェかと思う東藤原駅・・同じ沿線にあっても個性的です。

東藤原駅にある大西洋セメント工場の貨車・ねじれ橋・・こんな感じです。皆さんどんな写真を写されるのでしょう。

期待しております。

author:Y ukiakari shopのご案内, category:-, 16:30
comments(0), -, -
さらに一か寺

宇治市・平等院から大津市に戻り時間に余裕があり、園城寺(三井寺)に行ってみました。

過ごしやすい気温で静かな境内でゆったりとすごせました。

傍にある琵琶湖疎水に関心を持っていて、南禅寺の別荘の庭に琵琶湖の水がここからひかれていること・・何度も東山・南禅寺を訪れていることから滋賀県側から疎水を見るのは初めてだったのでことさら興味があったのでしょう。

春の桜のころだまた違った景色で感動があったかもしれません。

三井寺といえばやっぱり誰もがよく知っているのが「三井の晩鐘」・・日本三銘鐘に数えられ「日本の残したい音風景百選」にえらばれているようです。また伝説「弁慶の引き摺り鐘」は比叡山延暦寺でも聞かされることですが、ここでも案内があります。

昔俵藤太秀郷が三上山のムカデ退治のお礼に竜宮から持ち帰った鐘を三井寺に寄進したと伝えられています。

その後、延暦寺との争いで弁慶が奪って比叡山へ引き摺りあげて撞いてみるとイノーイノー(帰りたい)と聞こえたので

弁慶はそんなに三井寺に帰りたいのかと怒って鐘を谷底に投げ捨ててしまったのです。

その時のものと思われる傷跡が残っています。・・この様な説明がありました。

山門と梵鐘と金堂です

こんな石庭がありました。

この傍に三井の霊泉といわれる泉がありました。今も水が沸いている音がします。正面の上部には左甚五郎作といわれている

龍の彫刻が掲げられていました。

一日で三か寺を巡ってきました。

author:Y ukiakari shopのご案内, category:-, 14:54
comments(0), -, -