RSS | ATOM | SEARCH
美しい街・・イスタンブール
 アジアとヨーロッパの二つの文化と歴史を持つ街
海峡によって分けられています。

ヨーロッパ側はさらに全角湾によって新市街と旧市街に分かれています。

あこがれの街です。
旅行に出る前から、ゆっくりと文化にしたってみたいと思っていました。

旧市街に集まっている世界遺産めぐりより

ブルー・モスク
17世紀に建てられたイスラム寺院
外観は特に尖塔が美しいです。
内部の装飾は花柄のタイルとステンドガラスの窓に目を見張る美しさです。

特に礼拝堂中央の大ドームはまさにブルードームって感じ。











アヤソフィア
イスラム教のモスクですが元はキリスト教の聖堂として建てられたものだそうです。
巨大な外観と内部のどっしりとしたドーム状の石造りに荘厳な感じを受けます。

キリスト教の聖堂であったことから、モザイク画のマリア像が元の姿に復元されていました。
ギャラリーとして近くで鑑賞できました。







正面にマリア像があります。



この様なシャンデリアも以前は油で灯していたようですが、今は電気を使っています。
この様なシャンデリアが天井いっぱいに・・どれくらいあるかは分かり兼ねますが、とにかく凄いです。



漆喰で塗り固められていたモザイク像もきれいに剥がされて、いまは復元されています。


トプカプ宮殿
オフマン帝国の皇帝が400年にわたり居城した宮殿。
広大な敷地内に4つの庭園エリアがあって、それぞれに建物が建っています。
あまりの広さに行きたい所になかなかたどりつけなくて。

今は博物館となっています。
第3のエリアにある宝物館には86カラットのダイアモンドが展示されています。
世界2番目の大きさということです。

どの部屋も美しい模様のタイルで壁面が彩られています。
とても豪華なものでした。







扉は螺鈿でした



この様な扉と飾り棚が・・・部屋の壁面の一部です。



中央に火鉢があります。柔らかい光が入り込む美しい部屋・・・この様な部屋がいくつも見られました。



外観の一部です。

三大遺産を巡ってきました。
どのエリアも観光客でとても込み合っていました。
特に外国からの観光客がすごく多いでした。
観光の国なのでしょうね。


つぎは、また違った顔を持つイスタンブールをご紹介たします。



ご覧いただきありがとうございました。
author:Y ukiakari shopのご案内, category:-, 17:41
comments(1), -, -
Comment


きれいな青色だね(^−^)
雰囲気がすてきだね!

ゆきな, 2014/05/03 11:15 PM