RSS | ATOM | SEARCH
念願かなって高野山詣で

世界遺産になった高野山に一度行ってみたいと思っていました。

先日、むすめ夫婦に連れてもらって行ってきました。

高野山への道路は台風21号の災害で通行止めのところがあって迂回しなければならないことになり

フルーツラインと呼ばれているドライブラインを辿って登って行くことになりました。

その途中に和歌山県九度山町を通ります。ここが高野山への入り口にあたるところなんですね。

世界遺産のエリアになっていて昔は女性は高野山まで入れなかった時代に女人高野と言われる慈尊院というお寺ができて

その頃は女性はここまでお参りをしていたようです。

そこから石畳みの道を登っていくと高野山に行き着くようです。

また、この町は戦国の武将・真田幸村が蟄居されていたところでもあるようです。

そして、なんといってもすごいのが町中一面に柿畑が広がっていたことです。

富有柿の日本一の産地だそうです。立ち寄った道の駅では山盛りになって柿が売られていました。

この所は地質・気温・雨量などが柿の栽培に適しているのだそうです。

近くに紀ノ川が流れていて西北に高野山山地があってその丘陵地帯に柿畑が作られているので生育の条件を助けているようです。

11月の霜が降りる頃が一番甘みが増しておいしくなるようです。

屋敷の周りにも柿木が植えられています。車窓から見ても柿の畑が連なっています。

山肌は柿に覆われています。

こんな立派に育った柿がたわわになっていました。

思わず車を止めて撮影させていただきました。

秋晴れの穏やかなお天気で柿が黄金色に輝いて見えます。

ここから山道のドライブとなります。

夕暮れ時には何とか高野山にたどり着くことができました。

 

 

author:Y ukiakari shopのご案内, category:-, 10:31
comments(0), -, -
Comment