RSS | ATOM | SEARCH
岩根山善水寺です

先日は同窓会の例会で善水寺に集合、本堂で僧侶の講和を聞いて国宝の仏様を拝見してきました。

このお寺の善水寺という寺名は深いいわれがあることがわかりました。

岩根山の中腹にあり登っていく途中の木々や境内の庭木も今が一番の見ごろと思われる紅葉が見事に色づいていました。

本堂は国宝・中に安置されている仏像も6体は国宝ということです。

天台宗のお寺で比叡山延暦寺の仏堂に安置されている仏像とおなじ仏様が配置されているというお話でした。

庭の百伝の池の前に50メートル下の岩石ばかりの中を3か月かけて掘削しくみ上げた清浄な水が流れ落ちています。

参拝の方がペットボトルでこの水を汲んで持ち帰り薬を飲む水にされているようです。

それにには訳があって、この様なことが書かれていました。

「伝教大師最澄上人がこの寺の来られた時京で病んでおられた桓武天皇に境内百伝の池水を汲んで医王善折の秘法によって

加持された香水を献上された所忽ち病が快癒されその喜びを縁として岩根山善水寺と号された」ということです。

寺の付近と庭の見頃の紅葉です。観光の方が多く来ておられました。

湖東三山といわれて後二寺があって皆さんは見て回られているのでしょう。

国宝の本堂

庭の東側にある香水水を汲んでいます。

この後はすぐ隣にあるゆららの湯という日帰り温泉にあるレストランで会食となり食後はこの近くにある磨崖仏の不動明王を

見に行かれましたが、私は何度か行っているのでそのまま帰ってきました。

今回の例会は女性の参加が多かったのですが皆さんお変わりなく親交を温めることができました。

author:Y ukiakari shopのご案内, category:-, 18:49
comments(0), -, -
Comment