RSS | ATOM | SEARCH
ご無沙汰しております

気温差が激しくてついていけないです。折角仕舞ったストーブをまた出してきて朝夕つけています。

そうかと思うと日中は夏の装いになったりして・・・

植物たちもちょっと戸惑っているようですね。バラがすでに咲き終わってしまいました。

豆萩がぐんぐん伸びて花をつけました。萩の仲間なので秋のころかと思っていたのですが・・少し変なような気がします。

これで梅雨の季節に入ったらどうなるのかなー

YUKIAKARIでは夏の物たちが少しずつそろってきました。今夏はふうりんが色々と揃っています。

南部鉄のもの、焼き物、ガラスの江戸風鈴など・・・それぞれに表情があって音色が異なってどれでも夏の蒸し暑さを

和らげてくれそう・・昼寝のひと時に微かに音を聞いているとストレスが解消するようです。

少しだけ、心穏やかに過ごしていたいと思っていますが、次々とせわしなく用事が舞い込んできてやり過ごすのに時間と体力が

結構いるようです。まーそれだけ自分自身の動きが緩慢になってきたのでしょうね。

豆萩はどこまで伸びるのでしょう。

シャクヤクは確かに昨年までは薄いピンク色の花を咲かせていたのですが、何故か今年は白い花が咲きました。

花の色って何かの都合で変化するのでしょうか。

ラベンダーは冬の深い雪でしょんぼりしていたのですが、見事に育ちました。

フインランドの職人が作ったというかやり器は今年も登場しました。

南部鉄の燕の風鈴は優しい音色がします。2種類のつばめがいます。

そして有田焼の上品な感じの物。

季節の移ろいに少しだけ目を向けてみると、うっとうしい梅雨の季節になるのもまた楽しいものかという気がします。

 

author:Y ukiakari shopのご案内, category:-, 15:30
comments(0), -, -
Comment