RSS | ATOM | SEARCH
さらに一か寺

宇治市・平等院から大津市に戻り時間に余裕があり、園城寺(三井寺)に行ってみました。

過ごしやすい気温で静かな境内でゆったりとすごせました。

傍にある琵琶湖疎水に関心を持っていて、南禅寺の別荘の庭に琵琶湖の水がここからひかれていること・・何度も東山・南禅寺を訪れていることから滋賀県側から疎水を見るのは初めてだったのでことさら興味があったのでしょう。

春の桜のころだまた違った景色で感動があったかもしれません。

三井寺といえばやっぱり誰もがよく知っているのが「三井の晩鐘」・・日本三銘鐘に数えられ「日本の残したい音風景百選」にえらばれているようです。また伝説「弁慶の引き摺り鐘」は比叡山延暦寺でも聞かされることですが、ここでも案内があります。

昔俵藤太秀郷が三上山のムカデ退治のお礼に竜宮から持ち帰った鐘を三井寺に寄進したと伝えられています。

その後、延暦寺との争いで弁慶が奪って比叡山へ引き摺りあげて撞いてみるとイノーイノー(帰りたい)と聞こえたので

弁慶はそんなに三井寺に帰りたいのかと怒って鐘を谷底に投げ捨ててしまったのです。

その時のものと思われる傷跡が残っています。・・この様な説明がありました。

山門と梵鐘と金堂です

こんな石庭がありました。

この傍に三井の霊泉といわれる泉がありました。今も水が沸いている音がします。正面の上部には左甚五郎作といわれている

龍の彫刻が掲げられていました。

一日で三か寺を巡ってきました。

author:Y ukiakari shopのご案内, category:-, 14:54
comments(0), -, -
Comment