RSS | ATOM | SEARCH
島根を旅してきました

11月の半ば、息子が休暇が取れたといってどこかに旅行に行こうと誘ってくれました。それならばと娘と意見が一致して

島根県の見どころをみてあるいてみたいということになりました。

早朝に出て中国道から米子のほうに入ります。距離がありますが道中は紅葉で彩られた山々を眺めながら大山が見えてくると山陰地方に来たのだと感動します。

一日目は出雲市まで・・・出雲大社に行きます。

出雲大社は11月は神在月といって全国の村々里里においでの神々が1年に一度神事を司られる大国主命大神さまのお鎮まりになっておられる出雲大社にお集まりになられるということです。

ということで出雲地方では神在月といわれるそうです。この月は出雲大社では神事がいろいろおこなわれているのです。

なので、多くの方々が見えてとても賑わっていました。参道には鳥居が3か所そびえて立っていてさすが大社だなとおもいます。

銅の鳥居をくぐって長い参道をを行くとよく年末にテレビ放映されてみる大きな立派なしめ縄がかけられている拝殿がありその奥に大国主命が鎮まっておられる社殿があります。

古事記や日本書紀に述べられているところによると、

「時に海を照らして依り来る神あり。吾在るに由りての故に汝その国造りの大業を建つるを得たり。割れは汝が幸魂・奇魂(さきみたま・くしみたま)なり。大国主命これ吾が(さきみたま・くしみたま)なりけりと知る。出雲大社の御祭神大国主命はこの(さきみたま・くしみたま)のおかげをいただいて神性を養われ「むすびの大神}となられた。生きとし生けるものがすべてが「幸福}になる

「縁}を結ぶえんむすびの神と慕われるゆえんである。」とこんな説明がありました。

参道の庭にはウサギの置物が方々に見られます。因幡の白兎の由来からでしょう。

すべてのことが古事記や日本書紀にもとずいていているのですね。

author:Y ukiakari shopのご案内, category:-, 17:29
comments(0), -, -
Comment