RSS | ATOM | SEARCH
島根・出雲大社

出雲大社の神在月・11月は全国の神々がこの出雲大社に集合されるといわれていますが、この神々が出雲大社までおいでになられる時、出雲大社の1キロほど西方に稲佐の浜があってそこで神々をお迎えする神事が行われるようです。

この浜に到着された神様は龍蛇神さまが先導されて出雲大社に入られるとのこと。そこには神々さまのお宿(お社)があってそこにお泊りになられるようです。その稲佐の浜には弁天島がありそこに祠がお祀りされていて、白い砂浜が広がっています。

とても美しい景観になっています。特にこの浜からは夕日が沈む光景は見事だそうです。この日は残念ながら夕日は見られなかったのですが雲の間から漏れる日の光が海を照らして幻想的な光景でした。

日本書紀には天日隅宮(あめのひすみのみや)と記されていて日が沈む聖地の宮と表しているのだそうです。

伊勢神宮が日が昇る聖地ならばここ出雲は日が沈むところということでしょう。

大社の駅です。とてもなつかしい感じがします。改札口がいいですね。

稲佐の浜と弁天島・・潮が引いていたので傍まで行くことができました。西日がこぼれて海を照らしていました。

西の方角・・西方浄土(黄泉の国)ということを表している、人々はそう認識していたようですね。

翌日は石見銀山まで行きました。

author:Y ukiakari shopのご案内, category:-, 22:37
comments(0), -, -
Comment