RSS | ATOM | SEARCH
撮影会に行きました

11月の末のことです。お伝えするのがちょっと遅くなりました。

写真の会の方々の撮影会で今回は岐阜県山県市まで行きました。岐阜市から山のほうに入っていったところでとても静かな山間の町です。この地方では古くからつるし柿が作られていてこの時期は各家の軒下に柿がのれんのようにつりさげられて見事な景観だそうです。ところがどこの地域でも同じことが言えるのですが、継承する方が少なくなりつるし柿の生産も少なくなってきているようです。

これを後世に引き継いでいきたいという願いもあってでしょうか、私たちが行った日は公民館で連柿のお祭りが行われていました。

この集落では各家の南側の日当たりのよいところにのれんのように柿をつらさげて干していて晩秋の風物詩になっています。

写真の撮影に屋敷に入らせていただけて、秋日和の中良い写真が撮れたことと思います。

納屋にはとってきた柿が広げられていました。これを皮をむいて串に刺してひもでつりさげていかれるようで、とても手間のかかる

作業です。

それぞれのお宅の納屋や母屋などの軒先はこのような状態で、オレンジ色の柿が干されています。12月中頃には渋みが取れて

おいしい干し柿になるようで、お正月のお鏡の飾りにも出荷されたり道の駅で売られたりするようです。随分と時間と手間がかかって、しかもすべてが手仕事で行われているのですから、後継者不足になるのもうなずけるのですが、勝手なことをいうようですが

末永く守りつないでいってもらえたらと思います。そんな思いでこの集落で一日楽しく過ごさせていただきました。

author:Y ukiakari shopのご案内, category:-, 21:48
comments(0), -, -
Comment