RSS | ATOM | SEARCH
近江日野商人の館

近江八幡から車で20分ほどのところ、日野町はかつっては薬や酒を商う日野商人の発祥の地でした。

その商いで財を成した日野商人の屋敷が今も残っています。その一つ、旧 山中正吉邸を見学してきました。

日野観光協会の前を通り馬見岡綿向神社の鳥居の前、そこに大きなお屋敷があります。

山中正吉家は江戸時代、富士宮市で酒作りを営んでいたそうです。この屋敷は日の商人の本宅で今に残る町の有形文化財の一つだそうです。

敷地面積は2,000平方メートルでたくさんの建物からなっています。台所土間には5口のかまどがあり田の字方の間取りになった母屋、接客の間には大きな庭園があり洋間や来客用の浴室が備えられています。

日野商人の当時の暮らしぶりがつぶさに感じることができます。

ステンドガラスの入った洋風の客用の浴室、貴賓室かと思えるような洋間、洋間の外観も当時としてはすごくおしゃれなものだったでしょう。

 

author:Y ukiakari shopのご案内, category:-, 23:00
comments(0), -, -
Comment