RSS | ATOM | SEARCH
京都御所

先日は、老人会の団体旅行で京都御所に行ってきました。梅雨空で見学の時にはかなりの雨が降って足元がびっしょりとなってしまったのですが、御所内の見学コースをガイドさんの案内に従って一回りしてきました。

桓武天皇が奈良の都から長岡京を経て平安京に都を移されたのが始まり。

明治天皇がト卿に移られるまでの約500年間天皇のお住まいとして使われていたのですね。何度となく火災にあっているが、その都度

再建されて今に様子をとどめているのだそうです。この御所では孝明天皇や明治天皇の日日の生活や宮中の年中行事・五箇条の御誓文の発布・明治・対象・昭和天皇の即位の礼が行われたとこでもあるのです。

建礼門・・天皇陛下・国賓が来られた時に開かれるという格式高い門

朱塗りの門の向こうに見える建物が清涼殿・・・天皇の日常の御座所だったようです。

御内庭・・土橋や石橋がかけられ灯篭や庭石が配されていてとても優雅な庭です。庭師の手が入っていてどこを見てもそつがないです。

御学問所・・和歌の会などが行われていたようで上段・中段・下段からなっていて畳の部屋6室からなっているのだそうです。

まだまだたくさんの建物がありそれぞれに由緒があるようです。

時間の関係もあってゆっくりと拝見はできなかったのですが御所の内部まで足を踏み入れて拝見できたことに感動してきました。

author:Y ukiakari shopのご案内, category:-, 17:39
comments(0), -, -
Comment