RSS | ATOM | SEARCH
無形民俗文化財の一つ・・八幡左義長祭り

17日18日の両日に近江八幡市旧市街で左義長祭りが行われました。

ようやく春めいてきたと思わせられるころ、まだまだ風は冷たいのですが、日差しがあってお天気に恵まれて

多くの人出がありました。

この左義長祭りは信長が安土城下で盛大に行っていたものですが、その後豊臣秀次が八幡山城を築き、安土町から移住してきた

人々が中心となって八幡町で行われるようになったとのこと。

現代の左義長祭りは近江商人が商売繁盛を願って祈願する祭りとされています。

藁で編んで作った松明に赤紙や扇などを飾り付けて中心にダシがつけられます。

ダシはその年の干支にちなんだものを海産物や穀物などを使って作られます。各町内で1月頃から作り始められるようです。

十数基の左義長が八幡宮の境内に集まってコンクールが行われます。一度に見ることができます。

その後は町内をチョーヤレの掛け声をかけて練り歩きます。2日間に渡って行われるのですが、2日目は各町内を練り歩き

ケンカと呼ばれる左義長同士のぶつかり合いが行われ夜には奉火されて盛り上がります。

春を告げる祭りでこのころから農家は苗代の準備などに入っていきます。

今年の干支・犬がそれぞれに工夫を凝らして作られていました。

八幡宮に勢ぞろいして、神官のお渡りがあって祭りの幕開け

揃いのハッピ姿ですが以前は女ものの派手な長じゅばんだったようです。派手好きの信長の名残だったのでしょうか。

 

author:Y ukiakari shopのご案内, category:-, 09:56
comments(0), -, -
多賀町河内の過疎の集落にお邪魔してきました

やっと春めいて里の雪も解けてきたころ、この後気温が上がってくると山蛭が出ると聞いていたので、今が一番いい時かと思って

撮影会に行ってきました。多賀町河内の過疎の集落で、現在は一軒の方のみが暮らしておられるということです。

それぞれの住まいは今もそのままで、多くの方々は合間にお家を開けに来られているようです。

この日も一軒の方がおうちに風を通しに来られていました。

ご親切に座敷に上げてくださってお茶まで出していただいて、ほっとしたひと時を過ごさせてもらいました。

いろんな撮影の小物を準備して持っていきました。その準備が何よりも大変です。

前日に頼んでおいた畑の水菜・・大株でとっても良い感じ。

皆さん一生懸命撮影して、楽しそう、

お座敷でも撮影に余念がありません。

満足していただけたようです。疲れましたが帰りがけに大きな虹が出てホット癒されて・・・よかったのかなーと思っています。

author:Y ukiakari shopのご案内, category:-, 17:48
comments(0), -, -
日野町まで行ってきました。

毎年恒例のお雛様の展示を行っている日野町の古い町並みとそこにある日野感応館(観光協会)に行ってきました。

この観光協会の奥庭旧正野薬店の薬を包装する作業場だった建物を復元してギャラリー「TUTUMU]ができたということでした。

ここで日野や滋賀にまつわるクリエーターの作品を紹介して日野の町が元気になるようにとのことです。

今回はこのギャラリーのオープンを記念して「川内倫子」展が開かれていました。

国内外で活躍されている写真家で、滋賀の風景や日野で暮らすおばあさんの日々の暮らしを写した作品が写真とスライドショウで紹介されていました。

ギャラリーの外観と作品です。今回の展示は写真撮影が許されて多くの方にこの活動を広めてほしいとのことです。

4月1日までこの展示が行われています。

この街道沿いでは桟敷窓を使ってお雛様の展示が行われていました。

町角で日野椀を作っておられるお宅の玄関にこんなおみくじが作られていました。

夜なべをしてひとつづつ手つくりされたようです。とても疲れたと言っておられました。

楽しそうなのでひかせてもらいました。

「あなたのつらい過去やくやしいおもい消さなくてもいいですよ。それがあなたの生きる力になっているのですから」

こんな内容です。よく考えられた人生訓ですね。

町角のお雛様を眺めながら町をぶらり歩きしてきました。

厳しい冬から春へと移ろっていくのを感じながら・・

 

author:Y ukiakari shopのご案内, category:-, 21:05
comments(0), -, -
チンドン屋さんがやってきました

昨日はいつもに増して気温が上がってなんと4月の陽気とか言っていました。

コートはもちろんのことセーターでも暑いような気がしました。

この日は朝から晩までバタバタしていました。

11時頃までは町づくりを考える会のプレゼンテーション活動で出かけてその後チンドン屋さんたちが衣装を着けるので

来てくれて、バタバタとして八幡掘りまで出かけて、撮影会を行って・・・

今回はチンドン屋さんが11名来てくださって大賑わい。カメラマンもたくさんでにぎやか、

天気が良くて観光の方も多くてにぎやか。

周辺の方々にはお騒がせいたしました。

参加の皆さん方は満足していただけたようで・・勝手な判断ですが、

よかったと思っています。

それにしても夕方にはもうくたくた。

とにかく疲れました。

撮影会の風景です。

最後は八幡堀を船に乗っての撮影です。

船頭さんもこんなの初めてといっておられましたが・・・皆さん満足感ありでした・・・

author:Y ukiakari shopのご案内, category:-, 15:54
comments(0), -, -
光陰矢の如し

一日一日と日が伸びていつの間にか3月になりました。

4年前に入学した孫娘はこの4月からは社会人になります。

ガタガタバタバタと引越しをしてやっと落ち着いたのもつかの間でまた引き上げてきました。

こんなに日が立っていたとは・・本当に早いものです。

先日は伊勢神楽・・獅子舞がやってきました。

毎年恒例の行事になっています。・・もうそんな時期が来たのかと驚き。

そして、3月という季節はいろんなことの納め時・・自治会やボランティアグループの会などたくさんの集まりがあって

新役員の選出などがおこなわれて何となく気ぜわしいです。

これらのことも早1年が過ぎたのかと、時の流れが速くてもう気持ちがついていけなくなってしまいますね。

伊勢神楽と言われているが伊勢地方からきているのではなく近くの方々なのです。

いつのころから各家を回って歩くのが始まったのかはわかりませんが、旧の在所では一つの行事としておこなわれているようです。

厄払いの一つだそうです。今年も厄を払って平穏に過ごせますようにと願いつつ・・・

author:Y ukiakari shopのご案内, category:-, 22:05
comments(0), -, -
陽気に誘われて

気温が上がって春めいた陽気になりました。

ついつい、このような日は出かけたくなってしまいます。

撮影場所探しもかねて車を走らせてみました。

湖岸道路を彦根の方面に行ってきました。

いつもこの道路を行くとき見える景色がとても気になっていました。

今回はここを目指していってみました。

彦根市・宇曽川にかかる須三嶺大橋を入ったところに湖岸緑地があって公園に整備されていました。

これからの季節に、草木が芽吹いて来れば散策に良いかと思いました。

この沼の周りを一回りするととても良いウォーキングコースになるのでしょう。

久しぶりに日を浴びてもう少し風が冷たいようですが、水鳥たちを眺めたり木々が芽を出しているのを眺めたり

すっかり癒されてきました。

宇曽川にかかる橋の欄干に舟を漕ぐ様子の像がありました。

この川とこの像がどんないわれでつけられているのかいまひとつわかりかねるのですが・・・

川岸からは雪をかぶった伊吹山がくっきりときれいな姿を現していました。

緑地帯の散策路を行くと面白い木の根っこ?を見つけました。

沼の向こうに伊吹山が見えます。

景色の良いところです。この公園の南側には荒神山があって火伏の神様・・荒神様が祭られています。

いつか、写真撮影ができればいいかな・・・と思いつつ。

author:Y ukiakari shopのご案内, category:-, 14:54
comments(0), -, -